君の世界でありますように
kerg, your voice,